ウォーターサーバーは果たして一人暮らしに必要あるのか?【徹底分析】

女性いつでも安全でおいしい水やお湯が使えるウォーターサーバーは、家族の人数が多く、水の消費量が多い家庭で利用するメリットが大きく、万が一の災害時の備蓄水として使えるのも大きなメリットです。一方で、一人暮らしの場合は部屋が狭くて設置できるか心配だったり、大家族に比べて水の消費量が少ないこともあり、電気代などの費用をかけてまで導入する価値があるのかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。ここでは一人暮らしにとってウォーターサーバーが必要かどうかを徹底的に分析してみるので、導入するかどうかで悩んでいる方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

ウォーターサーバーのメリットについて知っておこう

料理中 水道水はあまりおいしくないし、安全性についても心配があるので、水道水をそのまま料理や飲み水に使うのは不安という方もいらっしゃると思います。そういった方の中にはスーパーなどでペットボトルのミネラルウォーターを購入して、料理や飲み水に使っているという方が多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのがウォーターサーバーで、ウォーターサーバーの最大のメリットとして、自宅に設置することで安全でおいしい水がいつでも使いたい時に使えるという点が挙げられます。ウォーターサーバーによっては冷たい水だけでなく熱いお湯も使えるようになっているので、わざわざお湯を沸かすことなく、飲みたい時にコーヒーやお茶を飲むことができます。

CoolQooウォーターサーバーお得だからとペットボトルのミネラルウォーターをまとめ買いをすると、自宅まで運ぶのが大変ですし、ミネラルウォーターを切らしてしまったら、体調が悪い時でも買いに行かなければならなくなります。定期的に水のボトルを配達してもらえることで、大変な思いをして買いに行く必要が無くなりますし、ある程度余裕を持ったスケジュールで水のボトルを配達してもらうことで、うっかり水のボトルを切らしてしまうといったリスクを避けることができます。

ペットボトルのミネラルウォーターを使用していると、飲んだ後に空のペットボトルがいくつも溜まることになり、置き場所にも困りますし決まったゴミの日に捨てるのも大変です。その点、ウォーターサーバーなら水のボトルを配達してもらった時に、空になったボトルを回収してもらえるので、ゴミが溜まることがありませんし、捨てる手間も省けます。

また、水のボトルは開封していない状態なら比較的長い間の保存が可能です。こうした利点を利用して、常に使う分よりも少し余計に水のボトルをキープしておくことで、万が一の災害時の備蓄水として使えるという点も大きなメリットと言えそうです。

ウォーターサーバー選びのポイントは?

水しぶきウォーターサーバーがあると便利なのが、家族の人数が多く、水の使用量が多い家庭です。ボトルの種類はさまざまで、中には容量の大きいものも揃っているので、1度セットすればすぐに無くなる心配がありません。

また、ウォーターサーバーにはいろいろな水の種類が揃っています。主な水の種類には軟水と硬水があり、軟水は赤ちゃんのミルクを作ったりするのに向いていますし、硬水は便秘の改善やダイエット効果が期待できるので、家族の中に赤ちゃんがいる場合や、健康に気を使いたいという方にも向いていると言えるでしょう。水源地によっても味が異なる場合があるので、水の味にうるさい方は水源地にこだわって選んでみるのもおすすめです。

さまざまなタイプのウォーターサーバーがあるので、生活スタイルに合わせて選ぶようにするのもおすすめです。水しか使用しない場合は、お湯が出ないタイプのものを選ぶようにしたり、小さな子供がいる場合は勝手に熱いお湯を出したりすることが無いように、チャイルドロック機能が付いたタイプを選ぶようにすると安心と言えるでしょう。

インテリア

ウォーターサーバーを選ぶ時は、設置したい場所に置けるかどうかがポイントになります。メーカーや商品よって幅や高さ、奥行きや主祖がそれぞれ違うので、サイズをきちんと測って、ぴったり合うサイズのものを選ぶようにすると良いでしょう。また、デザインやカラーもさまざまなものが揃っているので、まわりの内装やインテリア、家電製品とのバランスも考えた上で選ぶようにしたいものです。

留守にすることが多いなど、生活スタイルによっては水のボトルの配達日時が指定できるようになっているものを選ぶようにすると便利です。また、家族構成によっては子供や高齢者でも簡単に使えるように、できるだけシンプルで余計な機能が付いていないタイプを選ぶようにしたり、水の消費量に合ったサイズのボトルの種類を選ぶようにすると良いでしょう。

一人暮らしにウォーターサーバーは必要かについて

ワンルーム

水道水をそのまま料理や飲み水に使いたくはないけれど、一人暮らしなので果たしてウォーターサーバーは必要なのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

使いたい時にいつでもおいしくて安全な水やお湯が使えるウォーターサーバーは、月々のレンタル代が不要というタイプも多くなっています。そう考えると一見とてもお得なようですが、忘れていけないのがそれ以外にかかるさまざまな費用です。

ウォーターサーバーの利用にかかる主な費用として挙げられるのが電気代です。ウォーターサーバーの電気代はメーカーやサイズ、付いている機能などによって変わって来ますが、比較的消費電力が大きいタイプでも1000円程度と言われています。1000円を安いと判断するか、高いと判断するかは人それぞれですが、一人暮らしの場合は大家族と違って水の使用量が少なくなります。もし、料理をほとんどしなかったり、水を飲むことがあまり無い場合は、使った水に対して電気代を高く感じるかもしれません。

ブレーカー

また、一人暮らしの場合は契約アンペアが小さい場合が多いので、他に使用している電化製品が多い場合は、ウォーターサーバーを設置することでしょっちゅうブレーカーが落ちるといったリスクも考えられるので、場合によっては契約アンペア数の見直しが必要になることも頭に入れておく必要があります。

ウォーターサーバーによっては定期的に有料でメンテナンスを行ってくれるところもあります。毎日安心して快適に使って行くためには欠かすことができないメンテナンスですが、一人暮らしであまり使わないことを考えると、メンテナンス代を払ってまで使うのが正しいのかと疑問に感じるかもしれません。

また、一人暮らしの場合は住んでいる場所もワンルームマンションだったり、キッチンが狭いアパートというケースが多いと思います。そういった場合、ウォーターサーバーを無理なく設置する場所があるのかという問題があります。

一人暮らしに合ったウォーターサーバーを選ぼう

メンテナンス電気代やメンテナンス代、水のボトル代などのコストのことを考えると、一人暮らしにはウォーターサーバーは必要ないので、これまで通りペットボトルのミネラルウォーターを購入すればいいと思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、病気の時や災害時など、一人暮らしだからこそウォーターサーバーの水があって良かったと思うシーンも多く、安全でおいしい水やお湯をいつでも使えるという利便性の高さも大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

コスト計算費用面が気になる場合は、一人暮らし向けのウォーターサーバーということで、できるだけ電気代がかからないものや、狭い場所にも置けるスリムタイプなどを選んでみてはいかがでしょうか。また、選べる水のボトルの種類が豊富で、一人暮らしでも賞味期限内に無理なく使い切ることができる、小さいサイズを用意しているウォーターサーバー会社がおすすめです。

また、一番小さいサイズの水のボトルを選んだとしても使い切れないことが多いという方も多いと思います。そういった場合に気を付けたいのが、ウォーターサーバー会社によっては毎月のノルマがあるという点です。いくら備蓄水として取っておけるといっても、賞味期限が切れてしまっては意味がないので、そういった場合は注文ノルマが無いウォーターサーバーを選ぶ方法があります。ただし、注文ノルマが無い場合は月々のレンタル代がかかるので注意が必要です。

数多くのウォーターサーバーをコスト面やサイズ、サービス内容で一度に比較する方法として、ウォーターサーバーの比較サイトを利用する方法があります。個別に資料を請求したり、問い合わせをする手間をかけることなく比較ができるので便利です。比較してみて利用したいところが見つかった場合は、ネット上から利用申し込みができるようになっているので、一人暮らしで便利なウォーターサーバーの導入を検討している方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

おすすめウォーターサーバー人気ランキング!【水道直結型(ボトルレス)】

水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーを比較し、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。

Cool Qoo(クールクー)
クールクーのここがおすすめ!
  • 放射性物質も除去するピュアウォーター
  • 水素の力で美容健康、老化防止の水がタダ同然
  • 自動洗浄で常に清潔!プロのメンテナンスも有り!

水道直結型の「Cool Qoo(クールクー)」は、大規模工場のろ過システムを採用した、小型のウォーターサーバーです。
定額のサーバー代だけで、しっかりと「ろ過」された水を自由に飲むことが出来ます。

年に一度のプロによるメンテナンスも実施。逆浸透膜を使用したろ過システムが、放射性物質まで除去します。 特徴的なのは、通常の「ROろ過水」だけでなく、「ROろ過水素水」のコースが用意されている点です。

美容に関心の高い方から注目を集めているお水は、女性からも好評となっています。現在、お友達紹介キャンペーン などもありますので、お得に利用できるチャンスとなっています。

おすすめ度 ★★★★★
初期費用 4,200円(税別)※プランによる
月額費用 4,200円(税別)※プランによる
メンテナンス 年1回※無料
電気代 月800円程度
ピュアウェーブ
ピュアウェーブ
ピュアウェーブのここがおすすめ!
  • NASA採用の最先端浄水システム
  • 簡単なメンテナンス

ピュアウェーブは、簡単に設置できる水道直結型のウォーターサーバーです。
水道に分岐具を取り付けて、そこから給水するため、難しい工事の必要が無いのが特徴となっています。

フィルター交換もワンタッチで行えるため、社内で交換するときにも困りません。
ROフィルターでろ過された、安心して飲めるお水を定額で利用できます。

おすすめ度 ★★★★
初期費用 無料
月額費用 4,200円(税別)
メンテナンス 無料
電気代 月1,000円程度
楽水(らくみず)
楽水(らくみず)
楽水のここがおすすめ!
  • 温水が約90℃(他社の+5℃程度)

「楽水(らくみず)」は、水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーです。
さまざまな料金プランが用意されているのが魅力で、ニーズに合わせて料金を比較検討出来ます。

「お手軽プラン」では、サーバー代3,500円で初回設置工事費18,000円がかかりますが、
「工事費無料プラン」では、サーバー代4,250円で初回工事費無料となっています。
買取プランも用意されていますから、必要に応じてプランを選んでみてください。

おすすめ度 ★★★
初期費用 無料※プランによる
月額費用 4,250円(税別)
メンテナンス 無料
電気代 月1,000円程度

ウォーターサーバー選びに迷ったら「Cool Qoo(クールクー)」がおすすめ!

ノンボトル・ウォーターサーバー「CoolQoo(クール・クー)」愛用者様のお声

  • いままでのウォーターサーバーってなんだったんだろう、って思ってしまうくらい、このタイプは楽ちんで助かります。
  • ピュアウォーターに水素水がはいったコースを利用していますが、日々雑誌でも目にする憧れの水素水。これが、水道代だけで飲み放題だなんて、信じられません。
  • 明らかに経済的に得!会社はROろ過コースですが、密かに、新婚夫婦の我が家には「ROろ過水素水コース」を導入しようと思っています。

「CoolQoo」の水は飲む前にろ過をするので、抜群に鮮度が高く、本当の意味でのピュアウォーターを飲む事ができます。
生活に欠かすことの出来ないお水だからこそ、安心と安全、そして美味しさを追求してみませんか?

関連記事

月間記事ランキング