ウォーターサーバーは果たして一人暮らしに必要あるのか?【徹底分析】

一人暮らしで節約をしたい方必見!実はそれ間違った方法なんです

世間でよく耳にする節約方法の大部分では、自分に大きな負担がかかります。少しでも安く済ませることは大事ですが、その行動にかかるコストを上回っているのかを常に考えましょう。本来必要なサービスを断ってしまうと、逆に自分自身を追い詰めてしまいます。今の自分に無理がない節約であるのかを見極めることも、一人暮らしを充実させるために必須です。

一人暮らしでは節約に時間と労力をかけすぎないことがポイント

節約

念願の一人暮らしを始めたら、やがて毎月の出費を考える必要に迫られます。そこで、少しでも節約したいと色々な方法を試すケースが目立ちますが、実は間違った方法であることがよく見られます。無駄な行動を避けて、満足度が高い生活を送りましょう。テレビや有名なサイトでも意外に間違った知識を披露しているので要注意です。たとえば、テレビの主電源をこまめに切るなどの節約は、家電の消費電力が低くなった現代ではあまり効果がありません。

生活に欠かせない水道といったインフラは、大部分の一人暮らし用の物件に備わっています。毎月の固定費とも言える出費だけに、自分の部屋で使用を控えることで節約できると強調する事例が多いですが、用事もないのにわざわざ外の公共スペース等へ行くと、節約できる金額よりも大きな時間と労力を費やしてしまうのでトータルでは赤字になります。快適に暮らせる空間として設計されているのですから、常識的な範囲ならきちんと自宅の設備を利用した方がかえって無駄を省けます。

交通費をカットするために電車に乗らない等の無理をするタイプの節約をすると、体調を崩して病院で治療をしてもらうことで出費が増えるパターンが大半です。目先の小銭を拾おうとして、自分の心身を損なうのは本末転倒なので気をつけましょう。総合的に生活の満足度を向上させることが目的ですから、今の自分に負担がかかる節約は間違った方法であると理解しておくべきです。特に、お金で買えない時間を無駄にすることは、長期的には大きなマイナスになります。現在の生活パターンを見直して、窓口の手続きをオンラインに切り替えるといった合理的な節約が大切です。

一人暮らしでも自炊は無理なく行うのが節約のコツ

無理のない節約

よくありがちな間違った方法が、自炊をした方が食費を節約できるという考え方です。一人暮らしは確かに自分が自由に過ごせる生活ではあるものの、自分自身で全てのことを行う必要があります。そのため、食費を節約しようと張り切って自炊にチャレンジしたまでは良くても、すぐに挫折してしまうケースが珍しくありません。学業や仕事で忙しいのに主婦並みの料理をしようとした場合にありがちで、時間と労力を浪費した挙句に自炊を止めてしまうのが典型的なパターンです。

節約になる一人暮らしの自炊は、部分的に力を入れることがポイントになります。帰りがけにスーパーに立ち寄ってセール価格になった惣菜を買って、帰ってきたらご飯だけ炊いて食べるのも立派な自炊です。むしろ一人暮らしではいかに手間をかけないで済ませるのかが、継続するための鍵になります。揚げ物についてはスーパーなどで惣菜を買った方が確実に早くて美味しいので、時間を有効活用する意味でも上手に利用しましょう。現在は多彩な惣菜が販売されているため、自炊で足りない分を補うだけで栄養バランスが良くなります。

食費の節約としては、全体としてメリハリがついていることが大事です。自炊にこだわりすぎるとストレスがたまってしまうので、適度に自分の好物を入れるなどの工夫をしましょう。友人との付き合いで外食をするのも、コミュニケーションにおいて欠かせないイベントです。人間関係を充実させれば、自分と一緒に生活してくれるパートナーを見つけるチャンスが増えます。毎月の食費を節約する目的で遠いスーパーに無理をして出かけるよりも、予算をオーバーしない程度に自由にした方が賢明です。

関連記事

月間記事ランキング